シェーブルタイプ
「シェーブル」というのはフランス語で「山羊」のこと。文字通り、山羊の乳でつくられたチーズで、牛乳からつくるチーズより歴史は古いと言われています。
組織はやわらかく、山羊特有の強い個性のある風味ですが、やみつきになる人も多いとか。なお、このタイプのチーズの特長は、つくりたてから完熟するまで、どの状態でもそのときどきのおいしさが楽しめること。シェーブルには、黒い炭のついたもの、そのまま熟成させたもの、白カビを表皮に植え付けたものがありますが、その種類によって熟成の度合いも異なります。

牛乳でつくるチーズより歴史は古く、元祖ともいえるチーズです。組織はやわらかめで、山羊乳特有の個性のある風味のため、チーズ入門者にはちょっとハードルが高く好みが分かれやすいですが、実はチーズ通には根強い人気があるんです。

シェーブルタイプは風味が個性的であるだけでなく、形も様々です。円筒形のものや饅頭型、ピラミッドのような独特の形をしたものまで。更に表面に木炭粉をまぶしたものや、チーズの中心に麦わらが一本通してあるものもあります。基本的に手のひらサイズほどの小型のものが多いのも特徴です。

UQモバイルキャンペーン